紀州釣り#9A 年無し50㎝ 伊勢志摩

      2017/02/10

みなさんこんにちは

さんぺいです♪o(≧ε≦o)スゥ・・・(o≧口≦)o≪≪≪コンニチワァアアアアアアアアア!!!

肌寒い朝と夏のような昼間

今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?┌(=^O^) (^e^=)┐

フィールドによってはミッドスポーンからアフタ―スポーンまたリカバリーも聞かれ始めターンオーバー

水温が安定しないこの頃

状況の狙いどころに迷いましたが

三重県は伊勢志摩地方にに釣行してまいりました

フィールドにはAM8:00ごろ到着しました。(朝AM4:00頃には到着予定だったのですが他のポイント散策をしていたため遅くなってしましました。

いつもとうりさんぺいウォーキングでフィールドの確認です。
本日のポイントです

形体漁港
タナ満潮で約7m
投点25m前後
ストラクチャーブイ(ロープ)、船、カケアガリ、
釣り座漁港の岸壁とブイの合間10m間!?
?チェックポイントお魚さんが来てくれた際はクイックフッキング後はすぐさんぺいサイドワインダーで横斜め前にだして対応しないとブイロープにまかれてしまうかも!?(釣れるかもわからないのに)想像したりして
落ち葉、切れ藻がたくさん浮いているためタモで掬いながらの釣りになることを覚悟します

本日のスペック(釣り開始時)

ロッドインナーガイド1.5号
リールスピニング1000番
道糸ナイロン3号(ホントはもう少し細くしたいのですが大量の藻海草があるのでフッキング後パワー勝負の準備しておきます。)
サルカンなし
直結8の字ノット
ウキロングスティックタイプL
ウェイトなし
ハリスフロロ2.5
号(ホントはもう少し細くしたいのですがブイ間がステージになりますのでパワー勝負を想定しておきます。)
チヌ2号カラ-ブラック
針結び内掛け
※あくまでさんぺいスペックパワーバランスですので切れない保証はありません。

団子ベーススペック(体積比ですので大体ですm^^m)

ヌカ約10杯
約2杯
さなぎ約2杯
集魚剤約2杯
(※集魚剤により全くことなる性質があるようです、異なる団子になりますのでお気をつけください。)
2セット
つけエサオキアミ、
アライメント剤海水、アミエビ、砂
仕掛けの準備ができましたのでまずは一投目の団子を
タナの確認のため必要以上に(割れにくくして握ります。回数30回程度握力がないのため、軽くしか握れない(笑い)。)
第1投の前に海水温の確認でするんるん(ノ^-^)ノ系
今回の海水温
釣り始め17.5度(表層)

濁り気味の潮が少し気になりますが・・・

それがとでるかとでるかお楽しみですキテキテヾ(^▽^*) キテキテ

タナの確認のため必要以上に(回数30回程度握力がないのため軽くしか握れない(笑い)割れにくくして握ります

では海さん本日もよろしくお願いしまーーーす。

※できればお魚さん釣れてきていただけるとありがたいですm^^m

仕掛けの準備ができましたのでまずは海水のみで握った団子を第一投柄杓で「おりゃー」(なんちゃって)

ヒ―ハー

団子がブルーの空に気持ち良く飛んでいってくれます

4,5投でタナ(約5m干潮の引き潮時)も大体とれ、かけあがりの向こう?

LF(ロングスティックフロート) のレッドもターンオーバーで濁った海に煌びやかに浮かんでくれ調子よさそうです

根がかかりもなく回収できましたのでステージも決まり打ち返します

タナをトントン。(※さんぺいトントンはバイト#3で説明があります。)

ここでLFのSサイズに替え余剰フロートパワーをできるかぎり相殺します。

さっそく手前に流れきた藻がメインラインにからみつきます(巻いてくるときにラインたどると)
今回も厳しい釣りになる予感がします。

小1時間ほど打ち返しますがオキアミ少しかじられる程度ですので早速ですが指名率NO1のアミエビさん登場です

いつもとうりすべて混ぜるのではなく表面だけアミエビを混ぜアライメントができるようにします(すべて混ぜてしまうとエサ取りがキツイ過ぎるときやパサパサしっとりなどアライメントができなくため)

自分なりのテンポで打ち返しますと1時間ほどですぐオキアミは少しだけのこってくるかこないかの状態になります。

このあたりでアミエビの混ぜる量バランスがわかってきたような・・・。

しばらくしますとウキに反応がLFのレッドの部分が揺れているため

「アチョッ」

「ブン」

「あまりひかない!?」

上がってきたのは
べラさんでした。

「今度はお姉さんかお兄さんを連れてきてね

この間もわかってはいたんですが・・・・・・・

メインラインに切れ藻さん からみついたり団子を投げた後隙あらば近寄ってくる藻さん をタモですくいます。

「さんぺいは今回藻を釣りにきたんだよねひゃはははh」※子さんぺい
子さんぺいのいううことは無視して釣りを続けます。

このポイントはフグさんも結構いらっしゃるみたいです

ハリスに噛み跡がありましたのできって針を結びなおします

これは予想内のコンディションなので・・・

今回はフグさんが多いのでさんぺいオペレーションアイテムセレクトしてみます。

(なんちゃって
ホワイトダイヤモンドの使用方法と写真をバイト#3で紹介させていただきました。

ホワイトダイヤモンドで釣れる保障はありませーーーん

そうしますと早速効果がホワイトダイヤモンドにはふぐさんは興味がないようで丸残りで帰ってきますv( ̄∇+ ̄)ピース

11時ころ潮の流れれはじめ釣り開始時より半ヒロほどハワセ握り回数も1回から2回少なくします。

さってまた一難・・・今度は藻の大群が流れてきます

聞いてないよーーーーーー

「古」子さんぺい

ちょとまてちょとまて藻さん

これは「まっ

まさっ

まさかの


強制終了?!

どんだけーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」えぇぇぇ泣(*。′口`。*)えぇぇぇ

「ギャグも強制終了してくれ」子さんぺい

「だから朝一のフィールド散策ポイントにすれば良かったのに」
※心の中の小さんぺいの声

そんな小さんぺいの声に負けず「まだあきらめたわけじゃないだろ」と小さんぺいに言い返してやりました。

とりあえずこの藻さん大群をとればなんとかなるのかなーと思いをめぐらせます

というのも潮の満干あるので、ある程度とれば藻さんが流れってくれる時間帯が様な気がしてならないんでーーーーーす
(さんぺいの身勝手な願望と解釈)

オりゃー(笑)

ダンソン

フィーザキー

ドゥーザディーサーザ

コンサ

ダンソン

フィーザキー

ドゥーザディーサーザ

コンサ

ダンソン

ィーザキー

ドゥーザディーサーザ

コンサ

と団子そっちのけで藻さんをタモでとりまくります。

体力がないさんぺいは汗だくだし

「さんぺいは何しにきたのかなーーー

他人がみたら「あいつは何をしてるのか?と思うだろうなーーー」と思った瞬間

恥ずかしくなり思わずふりかえりました、誰もいませんでした・・・「よかった」

すでにさんぺいは疲労困憊です

そうこうしてるうちに
おなかが「くぅーーーーー」

サイレンがなりましたので

ハリスチェック&針を結び先を確認して団子をポイポイ

打ってお昼にいたしました

今回は暑いのでレーコー(冷たいコーヒー)パンさんをいただきましたので(あったかいんんだからーはお休みです。)

お昼からは潮も少し満ち早くなったりし先ほどのの件もありましたのでどうしようか迷いましたのでいつもの さんぺいロジックがはじまります。

付けエサはあいかわらずかじられるだけで、全部なくなったり、潰れたりしていない、また丸残りしたりもない相変わらずかじられるだけで、)
といううのもこの時点では藻さんとばかり遊んでで釣りにコンセントレーションを持っていくことができていないの

でAMにチヌさんが仮にいてもつけえさを食べてくれなかったかも・・・

結果論だけで今となっては確かめる方法はないのですが・・・わかんなーい

さんぺいの反省と対策:今考えますと潮の流れを考え釣り座選択をしても良かったかも思ってます)

また次回以降同じシチュエーションの際は釣り座選択に気をつけたいと思いました
藻が少しはましになりましたので(さんぺいがタモで掬っただけなんですが・・・・)

お昼から釣りにのみに集中し団子をうつことにします。

藻さんすくい」をアクションベースフローの一つのフェーズとしてコミットしテンポよく打ち続けます

14:00頃までに潮が緩んだ際はフグの赤ちゃん2匹とアジさん(オキアミで)1匹が来てくれました(リリース)

14:30過ぎからは潮も満潮に向け潮が入りだし早くなりました。

LFのSサイズがシモリはじめます・・・

浮力を上げLFのMサイズに替えます

タナもさらに1/4ヒロ追加します。

(砂も少し足します、これも団子剤の表面だけ混ぜ、握り回数も1、2回増やします[)emoji:v-411]※初期設定に戻せるようにするため)

相変わらず規模は小さくなりましたが藻さんはいらっしゃいます

(目的はステージにはアジさん、フグさんがいらっしゃるためつけエサが浮くまでの時間を長くしたいため:と身勝手
な解釈をいたします

その後ふくよかなグレさんが釣れましたのでまだ割れるタイミングとタナがまだ微妙かも(メインベイトが浮いているかも)

のようにながれては止まりを×数回繰り返します

ここでLFからボールフロートにチェンジし、1ヒロ追加いたします。
(砂も先ほどより少し多めし表面だけ混ぜます、握り回数も1、2回増やします[)emoji:v-411]

最近さんぺいブログに訪問してくださっている名手○○さんより、「ボールフロートには一瞬???」というコメントを頂戴いたしましたのでご紹介したいと思います。

○○様いつもつたないブログにご訪問ありがとうございます。

さんぺいがわかりにくいさんぺいワード(笑)でお話しているせいで申し訳ありません。

ので今回は愛用のボールフロートをご紹介したいと思います.

※発泡玉に接着剤でサルカンつけただけ(笑)

そうです

ただの玉ウキさんです(笑)

さんぺいの紀州釣り(特に

サイドレンジ、サイドポイントをアタックしている際はボールフロートなしではなりたちません

後なんといっても・・・
安いんだからーーーー
※「今回はないとおもったのにーーー」子さんぺい

皆様申し訳ありません^^

それにしても「熱い」

今日は何度ぐらいあるのかなー・・・・?

熱いなー・・・

ミーーンミン

アツイ・・・・

mi—–nnminnmi——nn

atui・・・

みーーーーんみんみーーーーーん

セミさーーーーーーーーん

残念

まだ5月ですけどーーーーーーー斬り

セミさんが季節を間違えたのかはわかりませんが無情にも泣いているではあーーーーーーりませんか?!
(これだけ熱いと間違える気持ちはわからなくはないですが・・・・・・)

夕方15:00頃潮も8割前後満ち潮の流れが落ち着いてきましたのでLFのMサイズに戻します。

タナ1ヒロほど戻します。藻が流れるてくることは相変わらずでタモで毎回のようにすくいます

藻さん に注意しなながらツケエサを回収してくると

「あれ

オキアミさん がほとんど丸残りで残ってくる

2回連続で続きましたので

心の中の小さんぺいが

「来ちゃったんじゃないのーー 

さんぺいテンションが上がりまくりでー――――す

1/4ヒロはわせ幅追加して再度オキアミさんをつけてスモール団子さん をなげます

ロッドを持ちLFに反応があればすかさず合わす準備はできています

団子が割れLFが2mぐらい右に流れたところでしょうか?!

ズコッーーーン

消しこみます

すかさず合わせます。「ブンッ

その瞬間ロッドが春晴れした空にグイー―――ーーーーン虹のような弧を描きます

「よし

心の中のさんぺい叫び

その瞬間

ゴキン

強烈な首ふり?!です

ゴキン

ぐっ

力がはります

しばらくカケアガリの向こう底あたりでさんぺいトップアッパー角度付け竿の弾性で一進一退でやりとりします

動かない!?と思った瞬間右のブイ方面にバキューーーーーーーーーーーーン

やめてーーーーーーー

さんぺいウォーキングでイメトレとうりさんぺいが左へ行きさんぺいサイドワインダーでロッド左斜め前にできるだけだして対応します。

あっ

今ロープ、ブイアンカー?!にハリスがあたったようです

すでに藻さん との格闘で

疲労困憊のさんぺいにはこの引きは強烈すぎてロッドコントロールミスいたしました

しまった

慎重にやりとりしたいのですが腕がパンパンでいううことを聞きません

そんなことはつゆしらず容赦のないお魚さんは左ブイへ 

バキューーーーン

やめてーーーーーーーーーーー

さんぺいはフラフラになりながら右の方へ棒になった腕で

 さんぺいサイドワインダーをします

バン

バン

ぬぅのおーーあああー

力がはいりません

まだ お魚さん の引きは強烈です

ハリスをあててしまいましたのでラインブレイク可能があり無理できませんので持久戦の打ち合いに持ち込ます

何とか左ブイもかわしましたのでここで

 さんぺいトップアッパーにチェンジし打ち合いです。

いつも大空に垂直に腕をあげるのですが腕が生まれたての仔馬のように震え肘がガクガクしております。
「にゅはははh」※子さんぺい

あああーーーーーーーーーー

もうさんぺいには藻さんとの打ち合いでスタミナかなり使ってしまいパワーがありません

お魚もだいぶ弱ってきたせいか姿が見えてきました

さんぺいもだいぶ弱ってきたせいか涙がみえてきました]

なかなかのサイズそうです

最後の力ふり絞りで空気を吸わせます

今度は少しづつさんぺいが戻り釣り座に寄せ何とかタモに入れて引きあげます。

腕が・・・・・もう感覚はありません

グラマラスボディー50才

どうーもーー   さんぺーーーーです

 ちょっとフラフラ(笑)ではございますが

(*^о)ゞ うふふ(*^о)ゞ うふふぅわぁあヽ(\’◇’)ノぅわぁあ    キャ━━☆★キャ━(*≧∇≦*)━☆★

と我をわすすれそうではありますが団体様の可能性があるといけませんので

(藻(もぅ)体が持ちません!?

皆様申し訳ありません。

一度に全部ご紹介させていただきたかったのですがさんぺいの時間の都合で全部タイピングしきれず、今回はここまでとなりましたm–m

続きはなるべく早くタイピングしご紹介させていただく所存です。

(だいたいが長すぎるよーーー)※子さんぺいの声

紀州釣りバイト#9 GWバージョン 「ビッグママ!藻(もう)許して!エピソード1 」 三重県伊勢志摩地方にて 2015年5月某日

まだこれにて一釣楽着とあいなりませんでしが、途中までお付き合い頂きました皆様ありがとうございました。

最近たくさんの方がさんぺいブログに訪問してくださっておるのですが(つたないブログにご訪問ありがとうございます。) さんぺいの時間、能力不足からお返訪問等ができていない方も多くいらしゃり申し訳ございません、この場で失礼ではございますがお詫びとお礼を申しあげさせていただきます。

今後ともつたないブログではございますがよろしくお願いいたします。


「紀州釣りバイト#9 GWバージョン  「ビッグママ!藻(もう)許して!エピソード2」 三重県伊勢志摩地方にて 2015年

5月某日で皆様と会いできることを楽しみにしたいと思います!

皆様のGW楽釣ご祈願しております!

さんぺーでしたー。

今回の記事のさんぺいの頑張り評価を下のバナーをクリックお願いします。

 

 - 紀州釣り釣行記

紀州釣り#9A 年無し50㎝ 伊勢志摩

明るく楽しい釣りブログです

Copyright© 釣り好きのさんぺい , 2015 All Rights Reserved.