紀州釣り♯7 年無し50㎝ 伊勢志摩

      2017/02/10

みなさーーーーーーーん、こんにちは

さんぺいでございまーーーす

冬のような寒い日と春のような温かい日が入れ替る今日この頃?

フィールドによってはディープからシャローへ、プリスポーンもポイントによっては聞こえ始めてきました。

1月の釣行から休みがとれていなかったさんぺい熟女に会いに思い三重県は伊勢志摩地方に行ってまりました

どんな釣行になるか楽しみです

ポイント到着はAM7:00頃到着です。

フィールドリサーチをかねてさんぺいウォーキングです

天気は雲がちで風も風速4m前後と好条件とはいきませんが朝の冷たい空気を感じながら海中に目をやります

海中内にお魚さんらしき姿はまったくありません

早速本日のポイントです

形体漁港

タナ満潮で約7m

投点25m前後

ストラクチャー漁船、ブイ、かけあがり

釣り座堤防の岸壁

お魚さんをかけた後ブイに撒かれないようにイメトレをします

本日のスペック(釣り開始時)
ロッドインナーガイド1.5号

リールスピニング2000番

道糸ナイロン3号(ホントはもう少し細くしたいのですがブイとブイの間隔がないのでフッキング後数秒がおそらく勝負の分かれ目になるためパワー勝負の準備しておきます。)

サルカンなし

直結サージェンスノット

ウキロングスティックタイプL

ウェイトなし

ハリスフロロ2
号(ホントはもう少し細くしたいのですがブイ間が狭いのでパワー勝負を想定しておきます。)

チヌ2号カラ-ブラック

針結び内掛け

※あくまでさんぺいスペックパワーバランスですので切れない保証はありません。

団子ベーススペック
ヌカ約10杯

約2.5

さなぎ約2杯

集魚剤約3杯

(集魚剤により全くことなる性質があるようです、異なる団子になりますのでお気をつけください。)
2セット

つけエサオキアミ

アライメント剤海水、アミエビ、砂

第一投の前に海水温確認

釣りはじめ16度冷たーい

準備もできましたので海水だけで握った団子で早速第1投 お約束で「ラッスンーゴレライー」
曇り空に団子が飛んで行ってくれます

タナも取れテンポよ団子を打ち返していきます。

エサは取られません。

しばらく打ち返しますが反応がありませんのでアライメント剤を変更します。
アミエビさんの登場です。

いつもとうりアミエビさんも団子にすべて混ぜてしまうのではなく上辺表面だけに混ぜてエサ取りの活性によっては元に戻せるようにします

アミエビさんのお力をお借りし打ち返していきますがオキアミがかじられません

これは長期戦を覚悟ししっかり打ち返しを継続していきます

その間に潮のも川のように流れがはやくなったりしおまけに風さんまで強くなってきましたのでストレートポイントからサイドポイントチェンジいたします

スティックフロートからボールフロートへチェンジしてラインが張りすぎ、

ツケエサが必要以上に浮かないようにウキ止めのポジションをアライメントいたします

それにしても活性が上がってこない何の反応もなくお昼を迎えます。

そのあとはお昼ごろまでお魚さんの姿もみることはできずチヌさんはやってきてくれません

午後のステージに向けカップラーメンでエネルギーをチャージしますΣ(´θ`)

うめぇ~

あったかいんだからーーーー
※子さんぺいの声「今回も1回だけにしろよ

午後からは団子の配合バランスを変えます

集魚剤2杯プラス

サナギ1/3杯プラス

1/4杯プラス
します。

目的は「集魚と割れの速さ」です
午後に向け気合いを入れなおします

子さんぺいからも「ちょとまて、ちょとまて!お兄さん!」と言われ…
思わず「ラッスンゴレライ」と訳がわからず気合いが入りました!
午後のステージ開始です

午後ようの団子でテンポをさらに早くして打ち返していきます

もちろんアミエビさんも全力で助けてもらい打ち返していきます

そうすると14時過ぎでしょうか

「ジャポン」

えっ何?

何秒後に…

また

「ジャッポン」

ステージの20mほど下でボラ兄さんが飛んでいるではありませんか

また、その後も
「ジャッポン」

おー来たー

ボラ兄さんがただ飛んだだけなんですが(笑)

さんぺいが喜んでいると今度はさらに潮しもで

「バシャバシャ」

えっ

ナブラ?!小魚が跳ねまくっているではあーりまんか?

さんぺいは頭の中がパニックになってしまいました

どういことなのかなーといつもさんぺいロジックを始めようとした瞬間

ピンとウキが消え

えっ、えっ

動揺しながら竿もち

ヒュッン??

竿が曇った空を斬りさくよう雷鳴のようにグイーンと竿がしなります。

のった と思った瞬間強烈な突っ込みで左ブイに走ります

そうはさせまいとイメトレとうりに竿を右前に倒し

さんぺいサイドワインダー(笑)

ゴン、ゴンと突っ込みをかわします

左がダメと思ったのか今度は右のブイロープの方にキュイーンと走ります

やめてーーーーーーーーーーーーと思いつつも

さんぺいウォーキングで確認済みのため今度は左に行きさんぺいトップアッパーで凌ぎます

お魚さんも疲れたのか だいぶ浮いてきました
空気を吸わせタモですくい上がったてきたのが
ナイスバディを黒光らせる44歳

さんぺーーーーです

はじめましてみないなてきなみたいな キャ━━☆★キャ━(*≧∇≦*)━☆★

とおどけたいところではございますがまだお友達がいらっしゃるかもしれません

体がもつかな(子さんぺいの声)(〆^◇^)〆Gets!!

すぐさま道糸チェック&ハリス交換&針交換を行いすぐさま付けエサ入りのスモール団子を投入先ほどと 同じようにブイからブイまで流します。

先ほどのの打ち返しテンポと同様に打ち返ししていきます。

エサ取りの活性が良くなるありません・・・
※子さんぺいの声
釣ったというより・・どちらかいうとと釣れた・・

わかってるよ、

けど、ボラさんが飛んだまでは過去に何度かはありましたがナブラまで続けざまに起きその瞬間に
ウキが消し込むなんて始めてです

でも仮定としてステージは7割方でき上がっているとすると時間てきにまだお友達がいる可能性があるサンペイは信じ団子を投げていきます。

少しだけですがツケエサがかじられるようになってきました。

テンポは少し遅くしブイからブイまでしっかり流していきます。

そうして16時ごろ潮もだいぶ上がっりゆるんできた時です!

「ジャポン」

「ジャポン」

またあの音が聞こえるではあーりませんか、

パッと音の方に目をやると

今度は鵜姉さんではあーりませんか

これはダメだと思いましたが

さきほどと同じ油断は禁物です!

潮が満潮に近ずいたせいか緩んできましたのでロングスティックフロートにチェンジし縦のストレートレンジの釣りにチェンジします!

ウキ止め動かしタナ(レンジ)のアライメントします。

約15分ほどすると鵜姉さんはさんぺいが苦労して集めたエサとりさんをたいらげたのかはわかりませが
バタバタと飛びたっていかれました

このころからオキアミがかじられなくなりました。

怪しい
何か大きいお魚さんがいるかも?

先ほどのようなことがありましたので念のため集中しておりましたところ

ロングスティックフロート(バイト#6写真有り)に微妙な反応が
トップのレッドの所が沈みグリーンの所で止まりすぐ浮いてきます。

 

mu

前アタリ

すでに竿もち合わせる準備はできております…

シュッ
LF(ロングスティックフロートの略)が消えます!

ブン
すかさずと合わせます

と次の瞬間竿が先ほどより大きく弧を描きます!

底にへばり付くように動きません!?

大きい??と思ったら次はゴン??ゴンと強烈な首振り

さあーどっちへ走る?!右か左か?!

沖へ鋭い突っ込みで走ります!

「ちょっとまて!ちょっとまて!おチヌさん! ラッスンゴレライそこにはかけあがりが…」

竿の弾性を使いめいっぱい使い耐えます!

なんとか一発目の突っ込みを耐え凌いだと思った瞬間!

今度は左ブイにギュイーーン

「ちょっとまて!ちょっとまて!おチヌさん! ラッスンゴレライ ブイロープのカキにあたってしまう.,」

凄いパワーでロープか藻かわかりませんが何かに突っ込んでいます!

ゴインゴイン

強烈です

こちらも竿の弾性をしっかり効かせ対応します!

何とか2回目の突っ込みも耐え障害物をかわすことがでました

まだ安心ができせん!

やはり今度は右のブイにピューっ

「ちょっとまて!ちょっとまて!おチヌさん! ラッスンゴレライ ブイロープのまかれてしまう.,」

(さぶー※子さんぺい)
つっ込みは強いですがだいぶ弱ってきたせいか先ほどよりは何とか凌いでロープを交わします。

ウキ止めがみえたのでもう少しで姿見えそうです!

チヌさんだ

なかなかのサイズそうです

油断せず慎重にやりとりして浮かせ空気を吸わせます

タモ持ち頭からすくうことができました

春を足音を告げに来られた熟女50才

はじめましてさんぺいです。
若輩ものではございますが

久しぶりの熟女さんとのご対面感無量でーす!【ヤッタ━(≧▽≦)━☆゚・:*☆】\(⌒∀⌒*)/ャッタ☆♪+⌒*。゚☆゚。・

とおどけたいところではございますがまだお友達がいらっしゃるかもしれません

体がもつかな?(子さんぺいの声)(〆^◇^)〆Gets!!

すぐさま道糸チェック&ハリス交換&針交換を行いすぐさま団子を投入して同じパターンで打ち返しましたがその後はこられませんでした

18:30頃納竿として釣り座を流し周囲のゴミを拾い今回楽しませてくれたの 伊勢志摩に感謝しながら帰路につきました。

紀州釣りバイト#7   春の嵐と熟女  2015年3月某日 伊勢志摩地方にて

これにて一釣楽着となり長くなりましたが最後までお付き合い頂きました皆様ありがとうございました

今年ももっとさんぺいなりの釣り流れや詳細な仕様など情報等も動画も交えてできればご紹介できればといいなーなんて思っております。

春から熟女も釣ることができ今後も楽しみです

皆様の楽釣ご祈願しておりますm^^m

さんぺーでしたー

今回の記事のさんぺいの頑張り評価を下のバナーをクリックお願いします。

 

 - 紀州釣り釣行記