紀州釣り♯6 チヌ40㎝ 東牟婁

      2017/02/10

みなさーーーーん新年あけましておめでとうございます
さんぺいでございまーーーす
風も強く雪も舞う中皆様いかがお過ごしでしょうか?

ディープ中心、活性も低い中釣れればサイズは大きい?

なんて聞かれ始めました今日この頃・・・

お正月が休みが遅れて少しとれたさんぺい

未知の地域に行ってみたと思い

和歌山県は東牟婁地方に行ってまりました

ポイント到着はAM:600頃です。

下見をしながらフィールドを歩きます

天気も良く風が無風の朝の冷たい空気を感じながら海中に目をやります。

海中内は澄み切っておりますがさんぺいは濁りすぎているよりは好きなほうです

おっと景色に浸ってばかりはいられない

早速本日のポイントです。

形体漁港
タナ満潮で約6m
投点20m
ストラクチャーテトラ、漁船、ブイ
釣り座堤防先端 投点テトラから左5m
お魚さんをかけた後テトラにはいりこまれないイメトレをします

本日のスペック(釣り開始時)

ロッドインナーガイド2号
リールスピニング2000番
道糸ナイロン3号(ホントはもう少し細くしたいのですがテトラがありますのでフッキング後数秒がおそらく勝負のの分かれ目になるためパワー勝負の準備しておきます。)
サルカンサージェンスノット
ウキロングスティックタイプL
※今回は愛用のロングフロートスティックの画像ご紹介させていただきます。

ウェイトなし
ハリスフロロ2.5号(ホントはもう少し細くしたいのですがテトラがありますんのでパワー勝負をいれておきます。)
チヌ2号カラ-ブラック
針結び内掛け
※あくまでさんぺいスペックパワーバランスですので切れない保証はありません。

団子ベーススペック

ヌカ17杯
5杯
さなぎ4杯
集魚剤3杯
(集魚剤により全くことなる性質があるようです、異なる団子になりますのでお気をつけください。)
2セット
つけエサオキアミ
アライメント剤海水、アミエビ、砂

 

第一投の前に海水温確認
釣りはじめ16度冷たーい
この時期では暖かいほうかも・・・。
準備もできましたので海水だけで握った団子で早速第1投

 

お約束で「アチョー」

青空に気持ち良く団子が飛んで行ってくれます

タナも取れテンポよ団子を打ち返していきます。

エサは取られません。

しばらく打ち返しますが反応がありませんのでアライメント剤を変更します。

アミエビさんの登場です。

いつもとうりアミエビさんも団子にすべて混ぜてしまうのではなく

上辺表面だけに混ぜてエサ取りの活性によっては元に戻せるようにします

アミエビさんのお蔭でしばらくすると付けエサのオキアミがかじられるようになってっきました

それから何投目かでべラさんがが釣れてくれました

活性が上がってきたー勝手な解釈をして安心します

このころから潮が動きだしましたのでストレートレンジ(縦)のロングスティックフロート(棒ウキ)の釣りから
サイドレンジ(横)ボールフロート(玉ウキ)の釣りにチェンジいたします

9時ごろになりますと他の釣り師の方が堤防に来られお隣で釣り座を構えられます。

よくこの漁港に釣りに来られる方周辺のポイントなどでいろいろ教えていただきましたアリガトウ(^∀^)系

また次回の釣行に活用させていただきたいと思います

そのあとはお昼ごろまでカサゴさんが釣れ

時折ボラに姿はみえるのですがチヌさんはやってきてくれません

午後のステージに向けカップラーメンでエネルギーをチャージしますΣ(´θ`)うめぇ~
あったかいんだからーーーー
※子さんぺいの声「1回だけにしろよ

午後からは流れも早なる時間帯も多くなり、エサ取りの活性も高くなりましたが・・・

強風が吹き出し潮と逆の方向にウキが流れてしまい二枚潮

※子さんぺいの声
張り過ぎて駄目だ・・・どちらかというと潮の流れに負けて上潮に流されている・・・・

でも必ずやむタイミングがあるとサンペイは信じテンポよく団子を投げていきます。

風はますます強くなってきます・・・先ほどまでいた釣り人かたはいつの間にか帰ってます。

いろいろ教えていただいて隣の釣り師の方も粘っていらっしゃたのですが風がおさらまず夕方前にはご帰宅されました

夕方には漁港にさんぺい一人ぼっち

いつものようにさんぺいロジックがはじまります。

このころにはさんぺいは変な気持があり「チヌさんが近くにいるような気がする・・・」

といううのもエサ取りの活性、エサののこり具合からそんな気持ちがあったのですが
※子さんぺい「二枚潮がだからエサが残ってるんだよーー」

なんていいうもんですからイマイチ自身がでてきません

子さんぺいのいううことは無視して風が収まるのをまちながら団子を打ち続けます。

もそろそろ5時かなと思った頃

遠くで何かのチャイム?がなります、

と思った瞬間
あれ?

風が止んでるではあーーーりませんか

コンセントレーションを高めスモール団子にしの割れ回数を着底後すぐ割れるように設定して団子を投げます

あれ?

力んでいるのか変な場所に飛んで行っていまいました

心の中の子さんぺいに「落ち着いて」なんていわれてしまいました

「わかってるよ」

投げる目に一呼吸

して団子を投入します

今度はうまくステージ上に投げることができました

やはりボールフロートは先ほどまで風が吹いていたときとは違い右に流れテトラの際に近づきます

さんぺいはすでに気配を感じておりましたので合わす準備はできております

テトラ帯の際をい1mぐらい流れたところでしょうか

ウキが微妙な反応があり

 

「うん? 前アタリだ」 思うのと同時に

これ以上流すともう取れないと思った瞬間

玉ウキがピン と消えます

来たー

すかさずロッド夕焼けにくそまる空

に振り上げます

ブン

ロッドが空に橋を架

けるようにまがります

 

よし

すかさず手を限界まで垂直に伸ばしさんぺいトップアッパーで浮かそうとします

っと一瞬テトラ帯突っ込まれかけた感じがありましたが

パワー勝負を制し浮いて来てくれました

イエローネイルをがきらめく美女40才ぐらいでしょうか?

さんぺーーーーです

はじめまして

みないなてきなみたいなキャ━━☆★キャ━(*≧∇≦*)━☆★

とおどけたいところではございますが

まだお友達がいらっしゃるかもしれません

体がもつかな?(子さんぺいの声)(〆^◇^)〆Gets!!

時間もないことですので道糸チェック&ハリス交換&針交換を行い

すぐさま付けエサ入りのスモール団子を投入先ほどと
同じ様に割れてからしっかりテトラ帯ぎりぎりまでながします

そうしますと何投かににまた同じようにテトラ帯ぎりぎりでウキがピンを消えます

キター
重量感はありませんがなかなかするどい突っ込みをしてくれます

さきほどと同じようにさんぺいトップアッパーでかわして浮いてきてくれたのは
銀色に輝く35歳?若妻

どうーもーー さんぺーーーーです 
若輩ものではございますが・・・・・・・・・・・・・・(*^о)ゞ うふふ

と我をわすすれそうではありますが時間もなく団体様の可能性があるといけませんので(体が持つかな?)

すぐさま道糸チェック&ハリス交換&針交換を行い

ケミカルフロートに変更してすぐさま団子を投入して同じパターンで打ち返しましたがその後はこられませんでした

18:30頃納竿として釣り座を流し周囲のゴミを拾い今回楽しませてくれたの 

和歌山県東牟婁海に感謝しながら帰路につきました。

紀州釣りバイト#6 南国に美女を求めて 2015年1月某日 和歌山県東牟婁地方にて

これにて一釣楽着となり長くなりましたが最後までお付き合い頂きました皆様ありがとうございました

今年ももっとさんぺいなりの釣り流れや詳細な仕様など情報等も動画も交えてできればご紹介できればといいなーなんて思っております。

新年から釣果に恵まれ今年もどんなお魚さんと会えるか楽しみです

皆様の楽釣ご祈願しておりますm^^m

では、さんぺーでしたー

今回の記事のさんぺいの頑張り評価を下のバナーをクリックお願いします。

 

 - 紀州釣り釣行記

紀州釣り♯6 チヌ40㎝ 東牟婁

明るく楽しい釣りブログです

Copyright© 釣り好きのさんぺい , 2015 All Rights Reserved.