紀州釣り♯2 チヌ46㎝ 伊勢志摩

      2017/02/10

みなさんこにちは さんぺーーーいです≫≫o(≧ε≦o)スゥ・・・(o≧口≦)o≪≪≪コンニチワァアアアアアアアアア!!!

もう真夏かと思うような暑さが続く今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?┌(=^O^) (^e^=)┐
乗っ込みもあちらこちらで聞かれ私もウズウズ

してきましたので大人のお姉さんに会いに釣行してまいりました。
ポイントはいろいろかんがえまたしたが今回は三重県は伊勢志摩地方へ竿をだしたいな

と思い他のポイントも下見をかねましたのでポイントにはAM8:30ごろ到着しました。

 

 

本日のポイントです。

形状→堤防というよりは岸壁

ストラクチャ→なし

タナ→干潮で1ヒロないぐらいで遠淺で潮も澄んでり海底が透けて見えておりますヾ(● ̄ ̄Σ ̄ ̄●)ノ
三重県内では良く見られる形成だと思います。
さんぺいはどこで竿をだそうか迷い岸壁を歩いておりますと岸壁の20m~30m沖にクロ―――くシモリが見えます

他にはストラクチャーが見つけられませんでしたのでシモリ直線上の岸壁で釣り座を置くことにしました。

空気もおいしく水も澄み最高の景色にいやされます(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

 

 

つりする前からテンションMAXさんぺーーーです

と行きたいところですが何とか冷静を取り戻し早速団子と仕掛けの準備にかかります

 

本日のスペック(釣り開始時)
ロッドインナーガイド 1.5号
リールスピニング2000番
道糸ナイロン2.5号(※本当はストラクチャーもないため道糸もハリスももう少し落としたいのですがフグさんがたんくさんい
るとの情報があり切れるときは切れるのですが気持ち太めにしておきます
サルカン無 直結トリプルサ―ジェンスノット※あくまでさんぺいのスペックでのパワーバランスですので切れない保障
はありませんm^^m
また機会がありましたらさんぺいのスペックバランスをご紹介できたらなーーーて思っております
ウキ長――イ棒浮き
ウエイト
ハリスフロロ2号
チヌ針2号 カラー/ブラック

団子ベーススペック(体積比.でのご紹介ですのでだいたいでーーすm..m)
ヌカ17杯
4杯
サナギ4杯
集魚剤2杯
(集魚剤により全く異なる性質があるようです,異なる団子になりますのでお気をつけください。)
?2セット(午前/午後)
この配合率で釣れる保障はありませーーーん
ツケエサオキアミ(釣り開始時)
アライメント剤海水 アミエビ(釣り最中に少しずつまぜたり、混ぜなかったり)

 

仕掛けの準備ができましたのでまずは一投目の団子を

タナの確認のため必要以上に(回数30回程度握力がないのためしか軽くしか握れない(笑い)割れにくくして握ります

とはいーーーーーーーいってもどうみても半ヒロもないようにみえるのですが

気にせず第一投げを柄杓で

 

「おりゃー

 

(なんちゃって)

団子がブルーの海空に気持ち良く飛んでいってくれます

 

今回海水温
釣り始め18度(表層)

 

海の中はがみえるからチヌさんが来たらみえるかなー?かなー?

思いをめぐらせながら

タナも取れ(1ヒロですが

投点は20mから30mぐらいでしょうか・・・

少し根がかりはありますがシモリ帯めがけ打ち返し始めます。
タナをトントン(※トントンの定義は人それぞれ解釈が有ると思いますのでまたの機会にさんぺいのトントンをご説明いたいと思います。)

自分なりのテンポで1時間ほど打ち返しますがオキアミはオキアミは丸残り

予想内ののコンディションでございましたのでここで早くもアライメント剤を海水さんから指名率NO1

 

アミエビさんにチェンジ
様子を見ながら混ぜます、

後は頑張ってひたすら打ち返すことAM:12時前

長―――イ棒ウキに微妙な反応があり

合わのタイミングを待ちしますと

スコ—-ンウキが消しこみます]

重量感がなく「来たフグさん。フグフグフグさん」と歌いながら

リールを巻きます(誰か聞いてないか振り返りました)とみえたのは

やっぱりフグさん登場です

とここまでは予定どうりだったのですが釣り上げる直前にフグさんが暴れられその瞬間

「ブチ」

 

「えっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

 

どんだけーーーーーーーーーーーーーーーー」
ウゥウゥゥつД`)・゚・。・゚゚・*:。ウゥウ

フグさんはハリスごと針を持って帰られました

いつに日か返してね(´・ω・`)ボー・・・
「気を取り直してフグさんが来てくれたといううことは団子が利き始めているといううこと、

少しツケエサ浮き気味かも」と身勝手な解釈をして釣り再開と思いましたが
おなかが「くぅーーーーー」とサイレンがなりましたのでハリスチェック&針を結
び直して団子をポイポイと打ってお昼にいたしました
お昼からは潮も少し満ち早くなったりし

先ほどのフグさんの件もありましたのでどの方法を選択しようか迷ったのですが
今回「フグさんの祭り」といううほどでもなかったので

クイック&ハワセ作戦」(なんちゃってをトライしてみました。

1ヒロタナを深く設定し棒浮きでのレンジポイント(縦の)の釣りからサイドポイント(横へ)の釣りにへスイッチ

玉ウキにチェンジ

今回はターゲットは「大人のお姉さん」のため

あまりフグさんは釣りたくない、針もとられてくないんです。

アミエビも比率を増やさず限比率で一旦設定いたします。

団子の握り回数も1回から2回減らします。

※団子をもたせるとフグさんが団子からでているハリス付け根を噛むのと、団子
座剤
の方が軽いためは流れが有る際はツケエサよりも早く流れツケエサからフグを離してくれる・・・・

なんて身勝手な解釈します

そうしますとエサがかじられる程度で収まることがおおくなりまたテンポよく打ち返します。

のようにながれては止まり×数回繰り返しますと

「あっ」といういつの間にかタナが4ヒロ半までなっておるではあーーーりませんか?

(潮澄んではおりますが朝ほど底が見えなくなっていました。)

フグさんはかなり寄ってきておるようでツケエサを少しでも浮かしてしましますとなくなります

「ウ――――――――――ン?」これだけフグさんも寄っている(団子がきいいている)といううこと

はチヌさんも近くにきているかもしれないと思い団子をスモールタイプにし着底後の割れを更に早くし流す幅をさらに7mほど増やします。

そうしますと団子投点から15mほどながしたアタリでウキが微妙に沈みその後反応がなくなります

ムムム」、

回収すると

オキアミが潰れているではあーーーーーーーーーりませんか

 

心の中の小さんぺいが「来ちゃったんじゃないの 

 

さんぺいテンションが上がりまくりでー――――す

 

さらに半ヒロタナを深くしてから同じように流してやると・・・・・・
「ピン

 

というう感じて玉ウキが消えます。

 

「キターーーーーーーー」※心の中の小さんぺい叫びv( ̄∇+ ̄)ピース

 

二呼吸置いて(ストラクチャーがないため)合わせます。

 

「ブンッ

 

その瞬間ロッドが大空に

 

グイー―――ーーーーン

 

と弧を描き、その後鋭い突っ込みが

すぐ立ち上がりシモリから離すためロッドを大空に高々と持ち上げる

 

さんぺいトップアッパーで浮かそうとします

 

が底にへばりつくように竿叩き一進一退が続きます

少しだけ浮かせますっと右の浅場の方へ

 

猛烈ダッシュ

 

 

おーーっとそこへは行かせません

 

釣り座設定前の下見中に右の浅場の方にバイク?自転車?のようなものが沈んでるのを確認済

 

体を徐々に近づけながらリールを巻くの繰り返しさんぺいポンピングで慎重に間あいを詰めます。

 

チェックはしているのですがどこをフグさんが道糸、ハリス噛んでいるかわからないため

チヌさんも何回か首を振り走ろうとしますがだいぶ弱ってきたみたいで少しずつ姿がみえてきました。

 

「でかい!」※

 

30m右となりで紀州釣りをされていた方が見にこられて

「いやーーーーーそんなことないですよ」※さんぺいの実際に発した言葉
「ありがとうございまーす。ほっとしてます、ホントはすごく嬉しいです。」

まだ釣り上げてもいないのに※小さんぺいの声
今度は少しづつ左の方へとさんぺいが戻り釣り座左側に寄せ待ちタモですくいます。

なかなかの美人、上がって来てくれたのは

熟女の香りが少しする46才!?
どうーーーも さんぺーーーーです 

若輩ものではございますがキャ━(*≧∇≦*)━☆★
と我をわすすれそうではありますが団体様の可能性があるといけませんので(体が持つかな?

すぐさま道糸チェック&ハリス交換&針交換を行いすぐさま団子を投入して同じパターンで打ち返します。
しかしまだ16:30頃「時間、潮ともにまだチャンスは有る」。

※なんて根拠のない励ましをします(笑い)
17:00頃また同じパタ―――ンで「ピン」とウキが消え鋭い引いてくれますが先ほどよりは重量感無く

上がっていきくれたのが

ナイスボディ―な39歳!?
一日にお二人とは身に余る光栄・・・・・・・・゚+.(ノ。・ω・)ノ*。オオォォ☆゚・:*☆
「ハッ」いけない

 

と我に返りすぐさま団子を返しサイドポイントも長くしますがますが
今日のところはこれで御許しいただけました
19:00頃納竿として釣り座を流し

周囲のゴミを拾い今回楽しませてくれた

勢志摩の海に感謝しながら帰路につきました。
「紀州釣りバイト♯2 (46才!?)大人の女性会いに  5月某日 三重県伊勢志摩地方にて」
これにて一釣楽着となり長くなりましたが

最後までお付き合い頂きました皆様ありがとうございました
次回からはもっとさんぺいなりの

釣り流れや詳細な仕様など情報等も動画も交えてできれば

ご紹介できればといいなーなんて思っております。
「また美女」にお会いできることを楽しみ次回釣行準備をしたいと思いますm^^m
皆様の楽釣ご祈願しておりますm^^m
さんぺーでしたー

 
今回の記事のさんぺいの頑張り評価を下のバナークリックお願いします。

 

 

 - 紀州釣り釣行記